NEWS

防災週間で防災を考えるお知らせ

地震による被害には、津波をはじめ、建物倒壊、火災の発生、土砂崩れ、液状化現象などがあります。

 

関東大震災

炎を巻き込んだ竜巻状の空気の渦が発生し大きな被害をもたらす火災旋風が、その猛烈な炎と風によって急速かつ広範囲の火災延焼を引き起こしました。

阪神淡路大震災

神戸市中心部で大規模な火災が発生。また、住宅が倒壊するなどの被害が出ました。そのため、道路が通れなくなるなど交通障害が生じました。

東日本大震災

震度7を観測した地域だけでなく、長周期地震動により、震源から遠く離れた大阪市などの高層ビル上層階でも大きな揺れなどが起きました。また、東北地方から関東地方にかけての太平洋沿岸を巨大な津波が襲った他、東京湾岸地域では液状化現象により大きな被害が出ました。

 

また、今後発生することが予想されている首都直下地震や南海トラフ巨大地震などでは、津波被害のほか、大都市特有の被害も多く発生するものと考えられます。

古いビルや家屋そのものが崩れ人が生き埋めになったり、外壁や窓ガラスが割れて落下しけがをする可能性があります。

 

【地震後の主な被害】

通信障害

通話の集中や通信設備の被災などにより、電話やインターネットができなくなったり、つながりにくくなります。

交通渋滞

建物がくずれたり、歩行者や自動車が集中し大渋滞で避難が困難になることが予想されます。郊外では土砂崩れなどによっても道路の寸断が発生します。

公共交通機関の停止

様々な理由で線路が寸断されたり、線路が無事な場合でも安全確認に時間がかかるなどの理由で、相当な時間電車が動かない場合があります。

電気ガス水道の停止

停電、都市ガスの停止、水道の断水が起こり、復旧まで時間がかかる場合があります。

 

【危険な津波地震】

日本は島国ですのでどの地域でも津波が発生する可能性が高いです。高いところへ逃げたとしても津波の高さと勢いは予想する事ができません。

 

 

急流でのテストに加え更に3つの耐久テストを海外基準で実施しております。災害時でのご使用に関しましては浮き続ける事を目的として一つ一つ丁寧につくりあげており、ツインフロート(シートを真ん中にして両側に浮きがある)構造ですので多少の波や突風が吹いたとしても転覆の心配はありません。流木が流れてきてもパドルで押す事で衝突から逃れることもできます。

スーパーカヤックを事前に高い場所へ設置しておけば緊急事に避難できる可能性を増やす一つの手段になり得ます。

 

 

緊急事態はいつ起こるかわかりません。コロナワクチンも同じ事が言えると思いますが、命を守る確率を上げるのは事前準備だと思いますのでしっかりと事前準備を行い救われる命が増えればと思っております。

 

 

スーパーカヤックジャパン

大宅

OUR KNOWLEDGE CREATES THE FUTURE.